作詞作曲 鬼束ちひろ



時間よ止まれ
この手に止まれ
一縷の雨は途切れて消える
誰も貴方になれない事を
知ってしまうそれを永遠と
呼ぶのだろう

想いは指を絡めるように
この夜を次第に燃やして行く
さよならの終わりを擦り抜けて
今でも身体を抱く

*蛍 この星を舞い上がれ
遠く近く照らして踊れ
その一瞬が永遠だと
あなたは教えてくれたひと

時間よ止まれ
この手に止まれ
光の影は薄れて落ちる

握り締めた二人の手のひらが
汗ばむ熱を上げていく
側にいて側にいて繰り返し
今でも哀しみを抱く

蛍この闇を舞い上がれ
涙で霞む夜空を踊れ
その一瞬が何もかもだと
貴方はは教えてくれたひと

硝子越しでもかまわないと
私は無力さを晒して行く
愛なんてわずかなものを
頼りにしたあの夏を

*繰り返し

蛍 鮮やかに心を焦がせ
強く弱く光って踊れ
全てのときは一瞬だと
貴方は答えてくれたひと
貴方は教えてくれたひと


home








inserted by FC2 system