茨の海
作詞作曲 鬼束ちひろ



何を願うことで 忘れることで
ここが鳴るのを殺したりできる
何を逃すことで 重ねることで

低空を滑る私の非力な強さ
不快なロープが燃え落ちて行くのを見てた

貴方の放り投げた祈りで 私は茨の海さえ歩いてる
正しくなど無くても 無くても 無くても 無くても

幾つもの麻酔で 幼い私の
正気の在り処を分からなくさせる
どうかこれ以上に 見抜かないで

今さら鈍さを増して行く浄化
それもいつかは終わるのさえ信じられない

貴方の放り投げた祈りで 私は茨の海さえ歩いてる
正しくなど無くても 無くても 無くても

低空を滑る私の非力な強さ
足元に在る例えば無機質な

追い風 視界 笑い顔を 両手で掬い上げても
ねぇ喚く想いは何処へ?

貴方の放り投げた祈りで 私は茨の海さえ歩いてる
正しくなど無くても 無くても 無くても

在りったけの花で飾って そして崩れ落ちて 何度でも
正しくなど無くても 無くても 無くても
響いて 貴方に
響いて




home






inserted by FC2 system