帰り路をなくして
作詞作曲 鬼束ちひろ



光に いったい何が望める
そして 闇にも
愚かで 無垢なものを指先に
宿して 自分を導けば
辿り着くいつもそこは
すべてを貫く鉄塔の上
手に入れたものは いつかの夢達
見降ろす街は 凍える思いを
きつく寄せ合うけれど

*帰り路をなくして
今日はどこに帰るのだろう
この月が 何を翳すのかを
知る事さえ怖くて
血の涙は溢れる
緋の翼で舞い上がるのだろう
燃える世の底を這って
ただ 鳴き叫ぶ
鳴き叫ぶ

力はその刃を振り上げる
ゆらりと 儚く互いへと
手探りで感じた熱は
やさしい誰かのつむじ風
置き去った気持ちは いつかの迷い歌
ビルや日々の群れ 沈まぬようにと
暮れる胸を焦がしてゆく

帰り路をなくして
明日はどこへ向かうのだろう
いつの時か 握りしめてきた
手のひらも解かずに
血の涙は零れる
緋の狭間で立ち上がるのだろう
過ぎ去る背はもう見えない
ただ その先へ
その先へ

帰り路をなくして
そして今はここに
碧の淵 黄金の果て 夜の隣で震える

*Repeat




home






inserted by FC2 system