Rainman
作詞作曲 鬼束ちひろ



Please send me to my home with your big umbrella
Don't ask nothing of me getting wet Mr.Rainman
My worst matter is hesitating at even so easy thing
But I will try to keep my door closed anytime

*Such a lonely rainy day
My shoulder is drowned
Why do you wait for the rain to stop with me?
Sad news will visit again
And I know I will get lost
Please show up in such a time Mr.Rainman


Leading to over there could be so difficult problem
We remain standing and you keep quiet Mr.rainman
Fact of worn out could be so funny for me
Because I can laugh at this world around even now

Such a lonely frozen day
Our fingers are paralyzed
Why do you still stay and not leave from here?
I know that you don't know me
We just look in rainy town
That's enough

If you have some magic
You can make me stop crying
But only be my side lile this
So wonderful above all things

*repeat
  (訳詩)

どうか家まで送って行って 貴方のその大きな傘で
私がこんなにびしょびしょになっているわけを
聞かないで ミスター・レインマン
最悪なのはとても簡単なものにさえもためらっているという事
だけどドアはいつもの時も出来るだけ 閉めるように 努力するわ

*こんなに淋しい雨の日で 私の肩は濡れる
なぜ貴方は雨が止むのを一緒に待ってくれているの?
悲しいニュースはまた訪れるしそれで途方に暮れるのも分かってる
そしたらまた私の前に姿を見せて ミスター・レインマン

その先に導くというのはひどく困難なのかも知れない
私達は立ち尽くし
貴方は黙ったままでいてくれる ミスター・レインマン
疲れ果てている事実は見ればおかしなものかも知れない
それでも回る世の中を 少しは笑えたりできるんだから

こんなに淋しい凍えた日で私達の指は動かなくなる
なぜそれでも貴方はここに居て離れようとしないの?
貴方が私を知らないのは分かってる そんなの今はどうでもいい事
ただ2人で雨の街を見つめてる それだけで充分

もしも貴方が魔法を使えるのなら
私を泣きやませる事も出来る
だけどただこうして側にいてくれる事が
何よりも素敵な事だったりするの

*repeat




home






inserted by FC2 system