Tiger in my love
作詞作曲 鬼束ちひろ



貴方がその醜さに怯えるために全てが鏡であればと願った
小さな小さな足跡たちはいつも傷口ばかりを掻きむしった

私は遠くへ?
できるだけ遠くへ?

一人だって気づいた瞬間在り余る悲しみは柔らいだ
泥を塗っては冠を与えたりいつも寝場所なんて無かった

結局このしなやかな心にかなうものなんて無い

私を土足で荒らしても 余白など無くても
全てはこの肌に触れる事さえ出来ない
貴方には決して見えたりしないでしょう?

Tiger in my love

光がこの眼を殺して私を助けてくれると言っても
放し飼いのままの理想たちがその逃げを許しはしない

私は遠くへ?
出来るだけ遠くへ?

「言葉など要らない」と言って誰かが森に導いてくれれば
鋼の様な皮膚が裂けて妖精が出て来るとでも思ってるの?

結局このしなやかな心にかなうものなんて無い

私を土足で荒らしても 余白などなくても
この牙は熱さを忘れることさえ出来ない
貴方には決して見えたりしないでしょう?

Tiger in my love

この腕が千切れたとしても 自分んも手を離したくなかった
振り返れば今は あの花の色も見える

満ちない私を認めて
「早く次のを」

私を土足で荒らしても 余白など無くても
全てはこの肌に触れる事さえ出来ない
貴方には決して見えたりしないでしょう?

Tiger in my love




home






inserted by FC2 system